やりまくるためにバンコクとパタヤに行きました

2日目 フカヒレ屋さんを気に入る

最終更新:13/01/09
爽やかな目覚めの後、ホテルで朝食を取りました。昨日のクェティオがあまりにも美味しかったのでそちらに行こうかとも思ったのですが、面倒くさくて断念しました。

ホテルについては事前に非常に迷いました。短い旅行なだけでなく、生涯で最初で最後の自由にやりまくれる機会でしょうから、ある程度は快適なホテルライフが希望でした。Walking Streetに歩いて行ける事が一番重要と考え、豪華でもHiltonとかは避けました。マリオットと迷った末に、Dusit D2を選び、前日までキャンセル料金がかからないじゃらんから予約をしました。Studio Suiteで¥19000円くらいでした。
★タイの夜遊び用ホテル情報統一スレッド PART 26

部屋数はそれほど多くない小さめのホテルですが、部屋は斬新なデザインかつ非常に奇麗で使いやすく、 朝食もおいしく、プールも一度も込むことがなく、プールサイドは快適でした。バンコクの定宿 シェラトングランデスクンビットよりも良かったと思います。 ベッドマットレスはあまり高級なものではなく、私の好みには合いませんでしたが(柔らかすぎて行為に不向き) _50ed772c5adb1.jpeg_50ed7735a055d.jpeg_50ed7741a46c5_600x600.jpeg朝食の後、バイクでHealth Landに向かいました。GPSのおかげで迷う事なくたどり着き、予約なしでも15分程待つだけでやってもらえました。建物は奇麗ですが、マッサージの腕は、バンコクの有馬温泉の並レベルでした。

次はバイクで昼食に向かいました。今回の旅行で一番気に入ったレストランで、Central Pattya Road沿いに、道を挟んでBig-C extraと反対にある、フカヒレ屋さんです。以下のサイトにマハーチャイフーチャーラームとして載っています。
http://www.akgthailand.com/?id=restaurant#tai%20restaurant
私はフカヒレのスープが大好きで、世界各地で安いところも高いところもいろいろ食べた事がありますが、安くて美味しいのはここしか知りません。300バーツのフカヒレ炒めよりも200バーツのフカヒレスープの方が美味しかったです。ここに来れただけでもバイクをレンタルしたかいがありました。店内のWifiではMichel's shark finという店名でした。_50ed74f7e288f.jpeg_50ed74ff2fef6.jpeg私はドリアンが好きです。においの強いもの、あるいは珍味が好きなのかもしれませんが、納豆とカマンベールチーズとカラスミが大好きなものにあがります。私にとっては、女の子のあそこも食べ物です(妻のは無味無臭です)。ドリアンは東南アジアにいる時しか食べられないので、滞在中は1日1回は食べます。まずフカヒレスープを食べ、このフカヒレ屋さんの前にあるBig-C extraでドリアンを食べるのが、以後私のパタヤ滞在中の日課となりました。

[4]サバイルームのK 星3

私はMPよりはGoGoの方が好きです。理由の一つに、GoGoの女の子の方が明るい感じがします。ただ、今回の旅行までポセイドンとバンコクのバカラしか経験がありません。見ただけならレインボー4もあります。比べてみてGoGoの女の子の方がスタイルが良くて美人だと感じたからです。昼間にMPに行くのはGoGoが開いていないからです。私の体力では1日3発が限界で、昼1発、夜2発という内訳になります。朝開いている店があれば助かるのですが、それなら生涯最高記録の1日4発を目指してみたいところです。

20代の頃、当時の彼女(現在の妻)とラブホテルで休憩の間の3発が私の最高の成績と思っております。現在40代後半で、体力自体はすっかり衰えましたが、発射能力自体はまだなんとかなることが今回の旅行でで分かりました。ちなみに、今年の大晦日は16:00開始で、[1]ソープ[2]箱ヘル[3]妻と3発問題なくできました。私には夫婦間でレスになる方の気持ちがわかりませんし、むしろ夫婦間でしないと生きて行けません。

ラスプーチンもサバイルームも昼間に行く限りは、女の子の質はGoGoの比ではありませんでした。昨日ラスプーチンの帰りにサバイルームを覗いてみたのですが、16:00頃でしたがラスプーチンと同程度の女の子が30人くらいいました。際立った美人がいないのは同じですが、ネットの情報とは違い、少なくとも量はサバイルームの方が上でした。この子がどんな子だったか、ほとんど記憶にありません。顔で選び、脱がしてみれば、思ったよりもスタイルが悪かった事くらいです。

[5]スーパーベイビーのG 星4
20:00時開店と同時にスーパーベイビーに入店しました。15分くらい舞台を眺めていましたが、昨日のNは見当たりません。別にがっかりはしませんでした。短い旅行の限られた発射回数の中では、出来るだけ違った子に入ってみたかったからです。

この日選んだのは長身スレンダーでショートヘアのG、一目でこの子は若いと思いました。日本語ゼロ、英語もほとんど話せません。19歳とのことですが、確かにそのくらいに見えます。後日他の女の子が、この子のことを「若すぎる」、と言っていましたので、10代は間違いないと思います。

容姿4.5、サービスは拙い感じでまたを開く以外には何をしたら良いかすら知らない、という感じでしたが、私はテクとか求めません。会話が成り立たないのが残念でしたが、タイ語が話せる方が仕込んでやるには良い子ではないでしょうか。かなりの美人であり、ポテンシャルを感じました。

満足できたのでチップは500バーツあげました。

私のホテルには、女の子を連れ込むときにID預けがありますので、他人のIDを借りていない限り、この子が「非合法に若い」可能性はないと思います。ホテルを予約する前に、メールではっきりとジョイナーフィー要りますか、と問い合わせしましたところ、要りませんがID預かりはあります、回答をもらっていました。滞在中に連れ込む際には一度も問題はありませんでした。

私は、女の子を連れて受付を通るのが全く恥ずかしくありません。こちらのホテルでは、受け付けは常に若い女の子で、連れ込むときに「**様ですね」と聞かれます。相手の目を見て、ニッコリ「はいそうです」と答えるのが快感でした。今から考えれば、毎回ロビーでペイバーした女の子とツーショットの写真をとってもらえば良かったとすら思います。

[6]バカラのO 星4

昨日見た板野友美似の女の子に会える事を期待して行ったのですが、目的の女の子どころか、目立つ美人がいませんでした。1日3発と決めていましたので、長身であり、太めではないですが胸の大きめなこの子を選びました。

顔4、胸4、サービス4といったところでした。二日連続の3発めであったため、行くために苦労をしました。風林火山の私は、フェラはあまり好みません。中に入ってから行までの時間が短くなってしまうからです。しかしながらこの旅行期間は、女の子が喘ぎだすまで激しく長時間腰振りの出来る、強い男になってしまいました。普段は正常位でゆっくりとした腰振りで、出来るだけ長時間楽しもうとする私が、立ちバックで体力の続く限りの高速ストロークで、やっと発射することができました。

チップが300バーツなのは、100バーツ紙幣がそれだけしたなかったからです。

あまりにパタヤが気に入った私は、ネット上からバンコクのホテルをキャンセルし、パタヤのD2に更に2日間の予約を入れました。
loading